Artist statement

石ころは、ひとつとして同じものがなく、人力だけでは決して形を変えず、どんな想いでも投影できる、地球が生んだ最高の素材だと思っています。
それを生かしたロックバランシングを「純粋芸術」と捉え、作品には理屈や言葉にならない「私」のすべてが反映していると理解しています。
したがって、創作は自己表出に他ならず、作品は全てその日その時の「私」であると考えます。

ロックバランシングを「石花」と名付けたのは、私が日本に生まれた日本人だからです。
 悠久の時を経た天然自然の「石」を立てる
 その美しくも儚い佇まいを「花」に見立てた創作

私が、石花(ロックバランシング)の創作を続けるのは、それが快楽だからです。
それだけなら、独りで黙々と励むべきです。ところが、その快楽は他に変えることのできない至上の価値であると感じ、その快楽を知らない方々に対し申し訳なく感じるため、石花師(ロックバランシングアーティスト)として活動しています。
その快楽は、理屈では知りえない「私」を垣間見る快楽だと思います。石をコントロールしようとしても、やがて石に従い、石が静止した瞬間の、圧倒的リアル。
この体験しなければ分からない快楽を、どうにか人々に伝えることで、私の申し訳なさが少しづつ払拭されます。
というわけで、私の作品は画像として公開し、あるいはワークショップを通じて私の体験を伝え続けています。

No single stone is the same, and human power alone never changes its shape. I also think that it is the best material produced by the earth that can project any of our thoughts.
I consider rock balancing to take advantage of this property as “pure art.” I understand that the work reflects all of the unreasonable “I”.
Therefore, creation is nothing but self-expression, and I think that a work is the “I” of that day.

I named rock balancing “Ishihana” because I was born in Japan.
“Standing a natural” stone “that has passed the eternal time
A creation that resembles a beautiful yet ephemeral appearance as a “flower”

I continue to create Ishihana (rock balancing) because it’s a pleasure.
If that’s all, you should work silently by yourself.
However, I feel that the pleasure is the supreme value that cannot be changed elsewhere, and I feel sorry for those who do not know the pleasure. That’s why I work as Ishihana-Master (rock balancing artist).
I think that pleasure is a pleasure that gives a glimpse of “I” that cannot be known by reason.
An overwhelmingly realistic experience at the moment when the stone comes to rest, following the stone even if you try to control it.
By somehow telling people about this pleasure that I wouldn’t know without experiencing it, my apologies are gradually dispelled.
That’s why my work is published as an image. Alternatively, I continue to convey my experience through workshops.

Works

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012・・・

Older article (2011)(2010)(2009