石花(ロックバランシング)始めよう!

石花(ロックバランシング)を楽しそう!面白そう!と思った方へ!

DSC_1623まずは石ころを手に取りましょう。

河原じゃなくても大丈夫、庭でも空地でも、どこでも!

ただし!なんでもいいわけではありませんし、考え過ぎてもいけません。

あっ、と目に止まった石ころ、パッと見いいなと感じた石ころ。

DSC_1527その石ころを手に取って、ガッカリしなかったら当たりです♪→(1)

ついでに、それを乗せる石も探しましょう。

平らなテーブルに置いても、ガタガタ・グラグラしないのがベストです。→(2)

外でなら、硬く動かない地面や大きな石に置いてください。

汚れていたら水洗いして、とにかく触ってみる!

手触りや見え方だけで、当分楽しめます。


その石ころが、次第に好きになります。

さて、少なくとも二つの石を手にしたら、とりあえず(2)の上に(1)を立てる!

寝かしてしまうと、感動体験が半減してしまいます。とことん粘って「立った!」と言えるまで頑張って下さい♪

DSC_2211このとき、できるだけ、とがったところを下にします。

なぜ?

それが、楽しくて、美しくて、気持ちいいからです♪

他の人の、石花(ロックバランシング)を見て「ありえない!」と感じたはずです。

それが「ありえる」ことを体験しましょう。

DSC_0376コツ?

石によりけり、です(笑)

以下のサイトで、コツらしきことを公開しています♪

■note ちとくの石花(ロックバランシング)

★オススメ↓

■やずや「ココカラ大学」- 50代からの石花のはじめ方講座

■WILD MIND GO! GO!
・日本のロックバランシング「石花」に挑戦 石を立ててみよう!
・アレンジ編:石ぼうず
・アレンジ編:拮抗立ち(カウンターバランス)
・アレンジ編:海の石で 重ね斜め立ち

石花「宅積み」のお勧め♪

石花「宅積み」のお勧め♪ 色、形、大きさ、それぞれ異なる石ころだと、見栄えもよく、本当に楽しい!

では、心から楽しめる「石花ライフ」を!

※戸外で楽しく立てた石は、崩して帰るのがルールです。
 危険ですので、絶対に置き去りにしないでください!!

※写真を撮ったら、Twitterやfacebookに投稿してみてください。ハッシュタグ(#)「#石花 」や「#ロックバランシング 」をつけると、レスポンスあります(笑)!!


コメントを残す