まとめサイトでの「ロックバランシング」

まとめサイトにもの申す!
みたいな、大人げない話ですが。。。
Michael Grab作品がネットでもてはやされるのは、悔しいけど納得済み。それはいいけど、Michael作品として掲載される画像に、違うバランサー作品が含まれていること多過ぎ!

というわけで、Facebookで軽くチクってみた次第(笑)

以後、当サイトで、国内向け海外アーティスト紹介ページを作って、それぞれの個性や特徴を解説しようと、意気込みはあり。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください